豆知識

【卓球】全日本予選・通過難易度ランキング!男子ジュニア編

うさお
うさお
最近の卓球界は中高生のレベルがとても高いよね?どの都道府県が特に中高生のレベルが高いんだろう??
かえる先生
かえる先生
そうだな。今回は全日本ジュニアに出場する難易度が高い都道府県トップ10をみてみよう!

【卓球】全日本ジュニア通過難易度ランキング TOP10

今回は都道府県ごとに全日本ジュニア予選の通過難易度ランキングを作成してみました!

以前こちらの記事では一般男子シングルスで都道府県別全日本通過難易度を記事にしています!合わせて読んでみてください!

【卓球】全日本予選・通過難易度ランキング!男子シングルス編卓球全日本皇后杯をかけた全日本予選の通過難易度をランキング化!東京が本当に一位なのか!?意外な都道府県が上位に!?...

ランキング作成のルールについて

今回「全日本ジュニア予選の通過難易度ランキング」をつくるにあたって取り決めたルールは以下のようになります。

おおまかにいうと都道府県ごとの全日本平均勝利回数でランキングをつくりました。

  1. (平均勝利回数)=(出場者の総勝利回数)÷(出場者数)
  2. 対象の全日本は2016年から2020年の直近5年間のデータを使用
  3. 全日本皇后杯・全日本カデット・インターハイ・全中ランキング選手などの推薦選手は予選参加していないため対象外
  4. ブロック推薦者は詳細不明であったため簡単のため考慮せず

例)北海道代表が4人で2人が初戦負け(0勝)、2人が2回戦負け(1勝)の場合その年の北海道代表の平均勝利回数は(0+0+1+1)÷4=0.5回となります。

レベルの高い予選を通過した選手ほど本戦で多くの勝利をあげるはずなので、平均勝利回数の高い都道府県ほど通過難易度が高いとします。また一年だと精度に欠けることから5年分の平均をとりました。

これだけで通過難易度として良いかはたくさんの意見があると思いますが、5年分の集計ということで「一つの指標にはなるんじゃないか」程度に読んでもらえればと思います!

(計算ミスなどあるかもしれませんので気付いた方は教えてくださいm(_ _)m)

それではトップ10から順に見ていきましょう!

 

第10位 岩手県 卓球全日本Jr予選難易度

  • 代表枠:3人程度
  • 5年間出場者数:15人
  • 5年間勝利数:18回
  • 平均勝利回数:1.20回

第10位は岩手県という結果となりました!

出場枠は3人程度と少なく、毎年専修大北上高校の選手が代表となっています。

小野寺翔平選手や吉田俊暢選手、本間新選手が4回戦進出するなど活躍が見られました!

全日本で4回戦まで勝ち進める選手が揃っている専大北上高校生たちがひしめく岩手県は通過難易度が高いと言えるでしょう!

 

第9位 岐阜県 卓球全日本Jr予選難易度

  • 代表枠:4人程度
  • 5年間出場者数:21人
  • 5年間勝利数:26回
  • 平均勝利回数:1.24回

岐阜県の代表枠は4人程度となっており、毎年富田高校の選手を中心に、関商工・長森中の選手が代表となっています。

特に富田高校の大野未来選手、橋本啓選手、坂本椋選手が4回戦に出場するなど活躍が見られました!

層の厚い岐阜県の代表枠を勝ち取るのは難しそうですね。

 

第8位 石川県 卓球全日本Jr予選難易度

  • 代表枠:2〜3人程度
  • 5年間出場者数:12人
  • 5年間勝利数:15回
  • 平均勝利回数:1.25回

8位は石川県でした!

石川県の代表枠は23人程度と少なくなっています。

さらに全国でも常に上位の遊学館高校があり、通過は難しくなっています。

五十嵐選手、出雲選手などはインターハイなどの実績から推薦になり、ほとんど予選に出場しませんが、三上選手、川村選手、遊学館高校の層の厚さがうかがえます。

練習量日本一の遊学館の選手を倒し代表になるのは至難の業です。

 

第7位 福井県 卓球全日本Jr予選難易度

坂田修選手 引用:卓球レポート

 

  • 代表枠:2人程度
  • 5年間出場者数:11人
  • 5年間勝利数:14回
  • 平均勝利回数:1.27回

7位は福井県でした!

一般男子シングルスでもトップ10入りを果たした福井県。代表枠は2名と狭き門になっています。

中村厳文選手、坂田修選手、寺下拓海選手の活躍が光りました!

2018年大会では中村選手が5回戦、坂田選手が4回戦まで勝ち進みました。

代表枠2人が全日本45回戦クラスとなれば通過はかなり難しいと言えるでしょう!

 

第6位 岡山県 卓球全日本Jr予選難易度

柏友貴選手 引用:卓球王国

 

  • 代表枠:3人程度
  • 5年間出場者数:17人
  • 5年間勝利数:22回
  • 平均勝利回数:1.29回

6位は岡山県でした!

代表枠は3人程度であり、ほとんどが関西高校生でした。

一回戦負け少なく、2017年は柏友貴選手が2回戦から4勝を挙げベスト8まで、2016年は田口選手が4回戦まで勝ち進みました。

安定して強い関西高校包囲網をくぐり抜けるのはかなり実力が必要ですね。

 

第5位 京都府 卓球全日本Jr予選難易度

出雲選手に勝利した田中虹太郎選手 引用:卓球レポート

 

  • 代表枠:3〜4人程度
  • 5年間出場者数:18人
  • 5年間勝利数:26回
  • 平均勝利回数:1.44回

5位は京都府でした!

出場枠は4人程度で、5年間出場選手が全員東山高校からでした。

2016年は津雄一朗選手が4回戦、2017年田中虹太郎選手が5回戦、田中禄斗選手が4回戦進出の好成績を収めました。

竹内佑選手や竹村浩輝選手の活躍も光りました。

京都は東山高校以外にも龍谷大平安高校や田阪卓研の松島輝空選手、高橋慶太選手など層が厚いです。

 

第4位 山形県 卓球全日本Jr予選難易度

鶴岡東高校インハイ3位 引用:卓球レポート

 

  • 代表枠:4人程度
  • 5年間出場者数:19人
  • 5年間勝利数:31回
  • 平均勝利回数:1.63回

4位は山形県でした!

代表枠は4人程度で、鶴岡東高校の選手がほとんどを占めています

2019は佐藤祐人選手が4回戦、2017年・2018年は中橋敬人が4回戦に進出しました。

鶴岡東の選手は取りこぼしが少なく全日本ジュニア本戦でも確実に勝利をあげているイメージです。

全国でも安定して勝てる選手を倒し通過するのは難しく、山形県が4位にランクインしました。

 

うさお
うさお
いよいよトップ3だ!

 

第3位 福岡県 卓球全日本Jr予選難易度

阿部悠人選手 引用:卓球レポート

 

  • 代表枠:4〜5人程度
  • 5年間出場者数:23人
  • 5年間勝利数:38回
  • 平均勝利回数:1.65回

福岡県は代表枠が45人となっており、その代表は希望ヶ丘高校生が多くなっていますが、石田卓球クラブの中学生も代表になっていることもちらほらあります。

ここ5年間では希望ヶ丘高校の杉本和也選手、阿部悠人選手が安定して勝利しています。両選手はインターハイで推薦を獲得したりし、予選会に出場しない年もありますが、希望ヶ丘高校の層が厚く、荒井和也選手、米倉勝選手、泊航太選手、原田春輝選手なども34回戦まで進出しています。

全国常勝チームの希望ヶ丘高校、石田卓球クラブを倒して通過するのは相当な実力がないと厳しそうです

 

第2位 愛知県 卓球全日本Jr予選難易度

篠塚選手(左)・濱田選手 引用:卓球レポート

 

  • 代表枠:9人程度
  • 5年間出場者数:43人
  • 5年間勝利数:83回
  • 平均勝利回数:1.93回

一般でも圧倒的な予選通過難易度を誇る愛知県がジュニアでも2位にランクイン。

愛知工業大付属名電高校、名電中学、杜若高校など日本のトップレベルが揃う愛知県。

田原彰吾選手、篠塚大登選手、濱田一輝選手などが予選会にも出場していました。

推薦選手数も最も多く、出場枠も9枠程度あるので初戦敗退の選手も見られましたが、トップ通過してる選手は本戦でも安定して勝ち上がっていました。

名電だけでなく杜若高校もあり、熾烈な予選会となっています!

 

いよいよ第1位です

第1位 山口県 卓球全日本Jr予選難易度

加藤翔選手 引用:卓球レポート

 

  • 代表枠:3〜4人程度
  • 5年間出場者数:17人
  • 5年間勝利数:34回
  • 平均勝利回数:2.00回

1位は山口県でした!

代表枠のほとんどが野田学園の選手となっています。

戸上選手、宮川選手をはじめ毎年4人ほどが推薦選手となっており予選会には参加していませんが、残りの野田学園メンバーで熾烈な予選会が繰り広げられています。

代表枠も34枠と少なくなっており、予選会には松田歩真選手、加藤翔選手、内田柊平選手、遠藤碧人選手などが参加していました。

これらの選手は本戦でも安定して35回戦に勝ち上がっており、野田学園の層の厚さと山口予選の過酷さを物語っています。

2位の愛知県とわずかな差でしたが、代表枠の少なさから山口県が第1位に輝きました!

 

 

【卓球】全日本予選通過難易度ランキング まとめ

いかがだったでしょうか!?

おおむね予想通りの結果だったかなと思います!強いて言うなら一般で圧倒的な予選のレベルの高さを誇っていた「東京都」がランク外になっています。開催地で出場人数が多いことでややランクは下でした。

もちろん今回のランキング算出方法も独自のものなので正確なものではないと思いますが、こうやって過去のデータをまとめてみるのも面白いなと感じました。

ただこのランキングが上位だから良いとか、低いから悪いとかではないと思います。どの都道府県の通過選手もそれぞれ本気で卓球と向き合いプレッシャーにうちかったりしながら全日本に出場しています。

レベルでみると比較的通過しやすい県もあると思いますが、そういった県では高いレベルの練習相手の確保や環境が整っていない中で練習する必要があったり違った苦悩がたくさんあると思います。

なのでそれぞれの都道府県を尊重できるといいですね!

それでは(^○^)

【卓球】強豪校の練習に参加したときの話卓球の強豪校や名門校はどのような練習メニューをこないしているのでしょうか?実際に練習に参加した時の話を公開!ぜひ普段の練習の参考にしてみてください。...
【卓球】全日本予選・通過難易度ランキング!男子シングルス編卓球全日本皇后杯をかけた全日本予選の通過難易度をランキング化!東京が本当に一位なのか!?意外な都道府県が上位に!?...